10年前に新築しましたが「もっと住宅ローンのことを勉強しておけばよかった」というのが今さらながらの思い。 一生払い続けていく住宅ローンを後悔しないよう選ぶにはどうしたらいいかを考えます。

家を買おう! 後悔しない住宅ローンの選び方とマネープランの考え方

住宅ローンを組むときに絶対してはいけないこと

我が家が住宅ローンを組むときにやった三大失敗

投稿日:

今になって思う「あの時もっと○○しておけばよかった」ということ。

我が家が住宅ローンを組むときにやってしまった三大失敗についてお話しします。

1. マネープランをきちんとたてなかった

まず一つ目は、
マネープランをきちんとたてていなかったこと

我が家は共働きでしたが、それほど贅沢をしているわけではないと(当時は)思っていました。

家計簿はざっくりとつけていた程度。

少しずつですが貯金も増えていたので、支出についてあまり考えることはありませんでした。

家計の把握が甘かったことに加えて、一番の誤算は「年々給料が上がっていく」という考え方にありました。

今でこそ、給料が上がらない(どころか、年々下がるとか……)などはありふれた話になっていますが、10年以上前はまだ年とともに給料は上がっていくのが普通の時代でした。

また、妻が働けなくなったときのことをあまり考えていなかったのも原因の一つ。

住宅ローンを組む際には、万が一のこと、例えば夫の収入がダウンする、妻が職を失う、などのことも考えた上で、支払っていけるのかどうかを考える必要があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2. 頭金がほぼゼロだった

二つ目は、
ほぼ頭金なしでローンを組んだこと

これは、一つ目のマネープランニングにも関係してきます。

当時、近いうちに住宅ローン減税がなくなるという噂があり、その焦りから、ほぼ頭金なしで住宅ローンを組んでしまいました。

頭金があるのとないのとでは何が違うのか?

それは、「頭金があれば必要がなかった金利分」も支払う必要がある、ということに尽きます。

長期にわたる住宅ローンでは、これが大きな差になってきます。

また、頭金を貯められる家庭というのは、
・きちんと家計管理ができている
・貯蓄に回していた分を、ローンに当てることができる

という意味において、無理なく住宅ローンを返済していける家庭だと言えます。

今後、消費税が増税されることから、今が住宅の取得時と焦る方もいるでしょう。

決して頭金なしでローンを組むのがダメというわけではありません。

頭金がないからといって、新居の購入をあきらめる必要もありません。

ただ、マネープランをきちんとたてて、買おうとしている家の支払いが自分たちの支払い能力を超えていないかをよく検討してみてください。

3.変動金利でローンを組んだ

三つ目は、
変動金利でローンを組んだこと

当時は、固定金利の住宅金融公庫と変動金利の銀行ローンとの併用を選択しました。

この住宅金融公庫のローンがくせもので、10年後に金利が跳ね上がるというプランでした。

2.4→4%と、一気に2倍近くにまで金利が上がるのです。

当時はそれでローンが払えなくなって、家を泣く泣く手放した人がたくさん出ました。

我が家では、10年が来る前に借り換えを実行。

その時に、変動金利半分、固定金利半分の割合にしました。

全部を固定金利にすると毎月の返済額が上がってしまうので、半々にしたのですが、

今になって「どうして、固定金利の割合をもっと上げておかなかったのか」と後悔しています。

変動金利は確かに固定金利より割安ですが、そこにはリスクが潜んでいます。

ある日いきなり、金利が急上昇してもおかしくないのです。

借り換え時に銀行員が「金利が上がる時は、景気がよくなっているということですから、お給料も上がりますよ」と言っていましたが、今の日本を見ていると、とんでもないことです!

デフレでお給料は上がらない→日本の経済が低迷→日本の国債の価値が下がり、結果として、国債と連動している長期金利だけが上がる
なんていうことだって十分あり得ます!

今から住宅ローンを組むなら、絶対に固定金利をおすすめします!

今は金利も最低ラインですので、一昔前よりもずっとお得に住宅ローンを組めますし、急に金利が上がってあわてることもなくなりますよ!

家を購入するときは、
「いくらの家を買えるか」
ではなく、
「いくらの住宅ローンを組めるか」
ということを
絶対に!(重要なポイントなので赤字で強調しますが)忘れないでくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-住宅ローンを組むときに絶対してはいけないこと

Copyright© 家を買おう! 後悔しない住宅ローンの選び方とマネープランの考え方 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.