10年前に新築しましたが「もっと住宅ローンのことを勉強しておけばよかった」というのが今さらながらの思い。 一生払い続けていく住宅ローンを後悔しないよう選ぶにはどうしたらいいかを考えます。

家を買おう! 後悔しない住宅ローンの選び方とマネープランの考え方

住宅ローンを組むときに絶対してはいけないこと

やっておけばよかった! ライフプランニングとマネープランニング

投稿日:

我が家が住宅購入をした際に「やっておけばよかった!」と、今になって後悔していること。
我が家が住宅ローンを組むときにやった三大失敗にも少し書きましたが、マネープランとそれにともなうライフプラン(生涯設計)について、漠然としか考えていなかったことが、今ボディブローのようにきいてきています^ ^;
住宅を購入した後も、修繕費や外壁の塗り替え、住宅設備の取替えなど、生活をしていく上でさまざまなことにお金がかかってきます。
子供の教育費も大きくなるにつれて金額が増してきます。
また、今は元気でも、将来は親の介護が必要になってくるかもしれません。
住宅を購入するにあたっては、これらの起こりうることを予測して、将来のライフプランをたてることでマネープランが定まってきます。

ライフプランを考えないとどうなる?

ライフプランを考えておくと、どのぐらいの家が買えるのかがわかります。
これをしっかりたてないと、我が家のように「家は買ったけど、まったく貯蓄する余裕がない(老後がすごく不安……)」なんてことに^ ^;
もちろん、将来のことはわかりませんから、今の時点での予測になりますが、妻が働く場合、働かない場合、子供が生まれた場合など、いろんな角度からマネープランを検証することができます。
結果として、無理なく住宅ローンを組むにはどのくらいの返済額にすればいいのか、いつまでにどのぐらい貯蓄するべきか、がわかるので、賢く住宅ローンを組むことができます。
「備えあれば憂いなし」です。

ライフプランのたて方・保険会社の無料相談会を利用する

ネットでいろんなツールがありますので、それを利用するのもいいと思います。
時間がない方、プロの意見が聞きたい方は、保険会社などが行っている無料相談を利用するのがおすすめです。
例えば、ソニー生命では「住宅購入とお金の相談」を無料で行っています。
このような無料相談では、ライフプランナーなどのプロが将来設計を一緒に考えてくれますし、グラフや表で、
・いつどんな予定があるのか
・どのぐらいの金額なら無理なく住宅ローンを組めるのか
・将来に渡って返済額が少なくなるのはどんなプランか

などをわかりやすく教えてくれます。
また、住宅購入時は生涯のプランを見直すときでもあります。
住宅ローンに団体信用生命保険などがついているなら、それまでかけていた生命保険の死亡保障を減額してその分をローンにまわすこともできます。
保険会社の住宅購入とお金に関する無料相談なら、これらの保険についても相談することができるので一石二鳥です。
(何より、無料が嬉しい^ ^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-住宅ローンを組むときに絶対してはいけないこと

Copyright© 家を買おう! 後悔しない住宅ローンの選び方とマネープランの考え方 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.