10年前に新築しましたが「もっと住宅ローンのことを勉強しておけばよかった」というのが今さらながらの思い。 一生払い続けていく住宅ローンを後悔しないよう選ぶにはどうしたらいいかを考えます。

家を買おう! 後悔しない住宅ローンの選び方とマネープランの考え方

住宅ローンを組むときに絶対してはいけないこと

住宅ローンで気をつけるべきポイント

投稿日:

我が家が住宅ローンを組むときにやった三大失敗を踏まえて、今から家を買う場合に気をつけたいポイントについてお話しします。

気をつけるべきポイント

 

  1. 不慮の出費に対応できる余裕はあるか
  2. 毎月貯金ができる余裕はあるか
  3. 戸建ての場合、暖房機器や壁・防水などの修繕費用を計算に入れているか
  4. 子供がいる場合、年毎に増えていく教育費などの費用を計算に入れているか
  5. 変動金利を選択した場合、金利の上昇にともなってどのぐらい支払額が増えるか把握しているか(できれば、固定金利をおすすめします)
  6. 共働きの場合、仮に妻が働けなくなってもローンを返していくことができるか

1~3に関しては、ライフプランを立てた上で、マネープランを組んでいくことが大切です。
ライフプランは、住宅ローンについて相談した際に銀行でシミュレーションしてくれることが多いですが、それがない場合は、保険の窓口やファイナンシャルプランナーなどに相談してもいいでしょう。

「住宅ローン+α」を把握する

一番重要なのは、支出における「住宅ローン+α」の「α部分」にいくらかかるか、を把握すること。
特に、
 ・固定資産税などの税金
 ・戸建てなら、住宅の修繕費用やガス・給湯設備の買い替え費用(10~15年が目安)
 ・大型家電の買い替え費用(10年が目安)
 ・車を持っているなら、車にかかる経費や買い替え費用
 ・年々増える子供の教育費(特に、大学にかかる費用の積み立て)
などは、計算からもれてしまいがちだったり、「このぐらいなんとかなるだろう」と高をくくりがちですので、注意が必要です。
(我が家はアバウトにかまえた結果、壁の塗り替えができずに頭を痛めています。本当にあのときに戻って、「ちゃんと計算してその分は置いとけ!!!」と自分を叱り付けてやりたい……)
住宅ローンは一生付き合っていくものです。
せっかく念願のマイホームを購入しても、住宅ローンの支払いで精一杯で、いつもギリギリの状態で生活していては、何のために家を買ったのかわかりません。
どうぞ皆さんは無理せず、ゆとりを持った返済計画で、楽しいマイホームライフを獲得してくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-住宅ローンを組むときに絶対してはいけないこと

Copyright© 家を買おう! 後悔しない住宅ローンの選び方とマネープランの考え方 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.