10年前に新築しましたが「もっと住宅ローンのことを勉強しておけばよかった」というのが今さらながらの思い。 一生払い続けていく住宅ローンを後悔しないよう選ぶにはどうしたらいいかを考えます。

家を買おう! 後悔しない住宅ローンの選び方とマネープランの考え方

我が家の後悔

マンションにするか・一戸建てにするかの選択~我が家の後悔【2】

投稿日:

⇒前回の記事はこちら

マンションにするか一戸建てにするかの結論としては、最終的には「その家庭が何を重視するか」で決めるべきです。

例えば、一戸建てに住んで思ったのは、ゴミ捨て・ゴミ当番が面倒なことと、近所づきあいに気を配らなければいけないこと。

マンションなら、近所との関係があまりないので気楽なものですし、日差しが照りつける日や雪が降る日などは、24時間いつでもゴミ出し可能というサービスがあるマンションが心底うらやましく思えます。

その代わり、マンションでは生活音に気をつける必要があったり、設備やサービスが整ったマンションは管理費が高かったり、というデメリットもあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他のマンションのデメリット

・マンションは老朽化とともに管理費がかさむ
 (補修計画を立てて、大幅に管理費が上がらないようにしているマンションもあります)
・万一の災害で補修が必要になった時には、住民全体が同意しないと補修が進まない
・また、災害で住めなくなった時は、土地がないので行くところに困る

 

マンションのメリット

・マンションは老朽化してもきちんと管理されていれば、一戸建てよりもはるかに耐用年数が長い
・駅に近いなど、便利なところが多い
・万一の災害には、地震保険などで備える
・戸建てよりも利便性がよく、通勤・通学に便利

それぞれのいいところがありますが、一度一戸建てに住んだ身としては、やはり一戸建てが暮らしやすいと思います。

引越しをしにくいというデメリットはありますが、それならはじめから中古の一戸建てを買えばいいのです。

「もし、今家を買うならこうする」というプラン

我が家が後悔している点として、

・頭金がほとんどない状態で家を購入した
 ・無理な住宅ローンを組んだ
 ・変動金利と固定金利をミックスして住宅ローンを借りた
 ・最初に購入したのが新築一戸建てだった

ということがあります。

もちろん、新築戸建てに満足している点は多々あるのですが、「もし、あの時に戻れるならこうしたい」と思うのは、こんな感じです。

 1.まず、最初に買うのは中古の一戸建て。
   ・地価がこれから先、極端に下がる見込みがないところ
   ・補修の必要があまりない物件か、もしくは土地代+補修で予算内の物件
   ・無理なく支払いができる+貯金もできる範囲の価格
であるところを狙います。

 2.ローンを繰上返済も併用して、頑張って早めに返済する。
 3.ローンを完済したら、売却する(もしくは、貯金に余裕があれば賃貸に出す)
 4.年齢に応じて、駅に近いマンションか新たな一戸建てかを選択

最初に買うのが中古である理由

なぜ、最初から新築一戸建てを買わないかというと、子供が小さいうちはいろんな出費がかさんで、なかなか貯金ができないからです。
(子供がいると家も激しく傷むし^ ^;)

そこで、最初は借り入れが少なくてすむ中古物件を買って、余裕ができた分を貯蓄に回します。

また、早いうちに新築を買ってしまうと、老朽化が進んで補修に頻繁にお金がかかるときに、ちょうど年金暮らし……のようなことにもなります^ ^;
(そこで売却して、マンションに住み替えるというのも一つの手ですが)

最初の購入はできるだけ早いうち(若いうち)が理想。

第二の住宅購入時に、ローンを借りやすくするためです。

貯金に余裕があれば、最初の住居を売った時に、賃貸にして不労収入を得るのもいいですが、借家人とのトラブルや管理の手間などを考えると、売却したほうが楽かな~とも思います。

ただ、我が家では一戸建てがいいから「中古の一戸建て」と言っているだけであって、マンションの方がいい場合はマンションでかまいませんし、予算内であれば「新築の戸建て」でも「新築のマンション」でもまったく問題ありません。

(上の例はあくまでも我が家の理想のプランです^ ^)

要するに、「身の丈にあった物件を選ぶ」ことが最大のポイントなのであり、マンション・戸建てはそのメリット・デメリットをよく考えたうえで、「自分に一番合ったところを選ぶ」ことをおすすめします。

ちなみに中古戸建てに住んでみたら

ちなみに、仮に中古で2,000万円(土地代1,500万円)の物件を買ったとします。
(都市部ではまずこの値段では無理でしょうが、地方の郊外に行くとごろごろ転がっていたりします)

売るときはほぼ土地代だけになるでしょうが、もし1,300万円に値下がりしていたとしても、20年間、700万円+住宅ローン金利+固定資産税で住むことができるという計算になります。

そう考えると、家賃を払うよりもずっとお得ですね^ ^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-我が家の後悔

Copyright© 家を買おう! 後悔しない住宅ローンの選び方とマネープランの考え方 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.